HOME > TagTagエコライフのすすめ > エコ料理 > 上手な省エネ調理法

上手な省エネ調理法

こんにちは!

北国の暮らしをエネルギーでサポートする北ガスのTagTagです!

 

調理中もかしこく省エネしてみませんか?

ちょっとした工夫でエネルギーの消費を抑えたり、調理時間を短縮できますよ。

 

簡単にできる調理中の省エネポイントをご紹介します!

POINT 1

フタをして調理しましょう!

鍋から逃げるエネルギーのロスを抑えることができます。

サイズの合ったフタが最も効率が良いので、フライパンや鍋を購入するときはフタ付きの物にしましょう。

 

POINT 2

圧力鍋で短時間調理!

高い温度で短時間に調理することができます。

フタで鍋を密封して加熱することで素早く高温になり、圧力がかかります。

普通の鍋では、水の沸点は100℃ですが、圧力鍋の場合は120℃くらいの高温で沸とうします(内圧が2気圧の場合)

だから、同じエネルギーの消費量でも圧力鍋の方が、効率よくお料理できますね。

 

POINT 3

食材を小さめに切り、短時間で調理しましょう!

食材は小さく切ると熱が早く通るので、エネルギーの消費を抑え、調理時間を短縮できます。

食感を損なわない程度に小さく切ってみませんか?

POINT 4

余熱を上手に使って調理!

鍋の余熱を上手に活用しましょう。

沸とうさせた後に火を消して、フタをするだけ。コンロと鍋の余熱でできる「省エネ」です。

また、エネルギーの節約になるだけでなく、洗いものをしたり、他のお料理をつくったり・・・と時間の有効活用もできる、忙しい人にはとてもありがたい方法です。

ではさっそく、基本的な余熱調理方法をご紹介します。

 

乾麺(パスタ・うどん・そば・春雨・インスタントラーメンなど)

1.標準の茹で上がり時間をチェックしてください。

 

2.鍋にたっぷりお湯を入れ、フタをして中火に。沸とうしたら、麺を入れてほぐします。再び沸とうしたらフタをして、火を止めて蒸らします。蒸らし時間は標準の茹で上がり時間+1~2分を目安にしてください。

ゆで卵

卵は水から茹で、しっかり沸とうしたらふたをして、火を止め放置します。

 

約10分で半熟、20分以上置いておくと固茹でになります。

カレー・シチューなど

1.鍋に油をひき、じゃがいも以外の具材を炒めます。
2.ある程度炒めたら水を入れ、フタをして沸とうさせます。
3.沸とうしたらじゃがいもとルーを加えて3分ほど煮て、かき混ぜたら火を止めます。
4.フタをして、1~2時間そのまま寝かせます。
5. じゃがいもなどの根菜類に火が通っていれば完成です。
※具材が固いようであれば火をつけて少し煮込みましょう。

さらに!省エネ

保温性の高い鍋(二重構造の保温鍋、土鍋)などを使うことをおすすめします。

保温の際に鍋を火から下ろして、バスタオルや新聞紙などでくるんで熱を逃がさないようにすると、より効果的です。

いかがでしたか?

圧力鍋を持ってはいるけど、なかなか使っていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

宝の持ち腐れにならないように、上手に使ってみてくださいね!

【参考】実践!おうちで省エネ/経済産業省 北海道経済産業局

関連記事

2019.01.23 バス・トイレ

コンロのガス代と電子レンジの電気代はどっちがおトク?

ガスコンロと電子レンジを使い分けましょう!

2018.11.14 バス・トイレ

圧力鍋の時短&節約術!選び方やおすすめ料理も

食器棚の奥で眠っていませんか?

2018.09.05 バス・トイレ

手洗いと食洗機、節約にはどっちが効果的?安くするコツとは

食洗機はトータルでお得な家電です!

2018.04.18 バス・トイレ

炊飯器で省エネ!簡単にできる節電方法をご紹介!

炊飯器の節電=ごはんがおいしくなる?

2017.11.09 バス・トイレ

食育の重要性

お子さまへの環境教育は料理から。

2017.09.27 バス・トイレ

地球にやさしいエコ・クッキング

キッチンの調理家電を、ガスコンロでひとつにまとめてしまいまし……

2017.07.31 バス・トイレ

ごはんの保温、必要ですか?

なるべく保温時間を短くするのが一番の省エネ!

2017.04.10 バス・トイレ

かしこくお買い物&上手にお料理しましょう

食材は無駄なく!

2017.04.10 バス・トイレ

洗い物は低温で

洗いものと入浴で温度を切り替えましょう!