HOME > TagTagエコライフのすすめ > 設備 > トイレの省エネ&選び方

トイレの省エネ&選び方

常に使われるわけではないトイレだからこそ、省エネを心がけましょう!

温水暖房便座の場合、使わないときはフタをしめるようにすると節電になります。

●フタを閉めた場合と開けっ放しの場合との比較(貯湯式)

  1. 電気使用量

    34.90kWh/年

    の省エネ!
  2. 電気代

    約910円/年

    の節約!

2017年4月現在の原料費(燃料費)調整単価をもとに、1か月の平均使用電力260KWhで算出。
電気料金単価:26.33円/kWh(北ガスの従量電灯Bプラス第2段階料金)
※基本料金及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。
※実際のエネルギーコストにつきましてはお客さまのライフスタイルや建築条件等により異なりますことをご了承願います。

季節に合わせて暖房便座の設定温度を調節することで、電気代を節約することができます。

夏の冷房期間は暖房便座をOFFにしたり、フタカバー・シートカバーを装着することで、
設定温度を低めにしましょう。

 

●便座の設定温度を一段下げた(中→弱)の場合(貯湯式)

※冷房期間は暖房便座をOFF

  1. 電気使用量

    26.40kWh/年

    の省エネ!
  2. 電気代

    約690円/年

    の節約!

2017年4月現在の原料費(燃料費)調整単価をもとに、1か月の平均使用電力260KWhで算出。
電気料金単価:26.33円/kWh(北ガスの従量電灯Bプラス第2段階料金)
※基本料金及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。
※実際のエネルギーコストにつきましてはお客さまのライフスタイルや建築条件等により異なりますことをご了承願います。

特徴を知って製品選びを

温水洗浄便座には2種類あることをご存知ですか?

電気代や家族の人数、トイレの電源などを考えて選びましょう。

※消費電力量は、節電機能を使用しない場合の目安です。

出典:省エネ性能カタログ2016年夏版(資源エネルギー庁)

貯湯式

・タンクにためた水をヒーターで温める方式。

・多量の温水で洗浄可能。

・温水を保温するための電力が必要。

年間消費電力の平均:238kWh/年

瞬間式

・使用に応じて水を温める方式。

・洗浄時の過熱による消費電力が大きくなるため、配線や契約アンペア数の確認が必要。

年間消費電力の平均:115kWh/年

【参考】実践!おうちで省エネ/経済産業省 北海道経済産業局

関連記事

2019.07.24 バス・トイレ

省エネ住宅(エコハウス)とは?どこがメリット?建てる前に知っておこう

省エネルギー住宅=快適な家!

2019.07.03 バス・トイレ

お風呂で省エネ&節約術!どんな方法でどう安くする!?

お湯はりと追い焚きを使い分けましょう!

2019.05.22 バス・トイレ

電気とブレーカーの関係性!ブレーカーが落ちる原因や対策

ブレーカーには3種類あるってご存知ですか?

2019.04.03 バス・トイレ

節水シャワーヘッドの仕組みを解説!選ぶポイントも

お湯はりの回数ばかり気にしていませんか?

2019.03.20 バス・トイレ

断熱カーテンの効果は!?上手く取り入れて省エネに!

まずはお手軽なところから♪

2018.10.17 バス・トイレ

省エネ効果抜群!?ウォーターサーバーのメリットを解説

震災時にも重宝するかもしれません。

2018.03.08 バス・トイレ

太陽光で省エネ!太陽光発電を導入するメリット

ご自宅でも再生可能エネルギーを活用してみましょう。

2018.02.06 バス・トイレ

省エネ効果の高い外壁とは?断熱材や遮熱塗料の活用でエコ生活

新築を検討中の方も、リフォームをお考えの方も必見です!

2017.11.09 バス・トイレ

食育の重要性

お子さまへの環境教育は料理から。

2017.08.30 バス・トイレ

省エネルギー住宅はここがポイント!

省エネルギー住宅のキーワードは〇〇です!

2017.04.10 バス・トイレ

冬の暖房は室温設定20℃に

暖房の設定温度が20℃と聞くと「寒い」イメージがありますが、……