HOME > TagTagエコライフのすすめ > 設備 > 省エネ効果の高い外壁とは?断熱材や遮熱塗料の活用でエコ生活

省エネ効果の高い外壁とは?断熱材や遮熱塗料の活用でエコ生活

こんにちは!

北国の暮らしをエネルギーでサポートする北ガスのTagTagです!

 

室内の快適な温度を保つのはストーブやエアコンだけとは限りません。

新築やリフォーム時に断熱材や外壁塗装を上手に使うことによって、冷暖房時の省エネ効果をアップさせることもできるんです。

 

今回はそんな省エネ効果の高い外壁についてお話します。

省エネ効果の高い外壁には「断熱材」「遮熱塗料」のダブル施工がオススメ

「1番理想的な塗装工事のリフォームは、屋根に遮熱塗料、外壁に断熱塗料を使用することです。

屋根で太陽光を跳ね返し、外壁は夏は暑さを通さず冬は寒さを通さないようにすることができます。

特に古く隙間風があるようなお宅の場合は、この2つの組み合わせが1番です。」

「外壁塗装の達人」より

 

新築やリフォーム時の「断熱」と言えば、断熱材を入れる断熱改修が定番です。

外壁に断熱材を貼り付けることにより、室内が外気の影響を受けづらくなり快適に過ごすことができます。

 

断熱材と同じ効果を発揮する「断熱塗料」もあり、断熱塗料であれば内壁にも施工が可能です。

 

また、夏の冷房を減らすには、光を跳ね返して熱を建物内に伝えにくくする「遮熱塗料(塗装)」も合わせて施工すると効果的です。

遮熱塗料は太陽の光を一番受けやすい屋根に施工するのが良いでしょう。

しかし、遮熱塗料は冬場の貴重な熱も跳ね返してしまいますので、しっかりと断熱を行い室内の熱を逃がさないようにした上で、使用するのがおすすめです。

 

断熱材と遮熱塗料のダブル施工で外気の影響を受けづらく、快適な室内温度を保つことができます。

省エネ効果の高い遮熱塗装の特徴や効果とは?

「断熱材」はリフォームなどでよく耳にする建材ですが、上記でご紹介した「遮熱塗装」についてはあまり聞いたことがないかもしれません。

「遮熱塗装」の特徴や効果について、もう少し詳しく説明していきますね。

「遮熱塗装とは?

従来の塗装と比べ、太陽中の赤外線を効果的に反射させ、熱伝導を抑えることで、室内の温度上昇を抑えることができます。」

「外壁塗装ナビ」より

 

このように「遮熱塗装」とは、太陽の熱や光を遮る機能を持ち省エネ効果を発揮する塗料のことです。

塗料の中に太陽光を反射させる樹脂を含み、光を跳ね返すことによって太陽の熱を建物の中に伝えにくくします。

 

遮熱塗装の効果によって差が出る温度はおよそ2℃程度。

数字で見るとあまり大きな数字には見えないかもしれませんが、体感温度では大きな効果を感じることができるでしょう。

 

遮熱塗装は一般的な外壁塗装よりも塗膜が劣化しづらく、寿命が長いものが多いです。

遮光塗装の塗膜の寿命はおよそ15~18年程度と言われ、メンテナンスの頻度や手間が少なくて済むのも特徴です。

 

また、光を反射して熱を通さないことで塗布面の温度が上がらず、紫外線や赤外線もカットするため、遮熱塗装を施した屋根や外壁自体の劣化も遅らせることができます。

外壁の断熱リフォームは補助金の対象になる?

 

■高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業

「住宅における省エネ関連投資を促進することで、エネルギー消費効率の改善を促し、徹底した省エネを推進する観点から、既築住宅の省エネ化に資する高性能建材を用いた住宅の断熱改修を支援する事業です。」

一般社団法人環境共創イニシアチブ「平成29年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」より

 

このように指定された省エネ性能が高い製品を使用した壁の断熱リフォームに対し、補助金が支給されます。

省エネリフォームの結果が地域ごとに求められる断熱性能値を満たしていることも条件となります。

 

【補助金額】

集合住宅では1戸あたり15万円、戸建住宅では120万円が上限として補助。

補助率はどちらも対象工事や建材費用の1/3以内。

 

※2017年度の受付は終了しています

 

また、国や自治体でも、住宅の省エネ性能をアップさせるリフォームに対する補助金制度を実施しています。

補助金制は制度の種類や年度によって対象のリフォームや申込期限が異なりますので、お住まいの自治体のHPなどを定期的にチェックしてみましょう!

省エネ効果の高い外壁を使用して快適に過ごそう!

断熱材や遮熱塗料など外壁の断熱改修によって、省エネ効果を上げながら快適に過ごすことができます。

家の新築やリフォーム時にはぜひ検討してみてください!

 

タイミングによっては断熱リフォームに対する補助金制度を利用することもできますよ。

 

・省エネ効果の高い外壁にするには、外気の温度が建物内に影響しづらい「断熱材」と太陽の光と熱を反射させる「遮熱塗料」の組み合わせが最適。

ただし、遮熱塗料のみを実施すると冬場の暖房代が増える可能性があるので注意してください。

 

・「遮熱塗料」は太陽の樹脂を反射させる樹脂が含まれている塗料です。太陽の熱を建物に伝えにくくするので、一番太陽の光の影響を受ける屋根に施工するのがおすすめです。従来の塗料より寿命も長く、建物の劣化も長く防いでくれます。

 

・断熱材を使った外壁の断熱改修は、省エネリフォームの補助金対象となる場合があります。各自治体などのHPを定期的にチェックして情報収集をするようにしましょう。

関連記事

2017.11.09 バス・トイレ

食育の重要性

お子さまへの環境教育は料理から。

2017.08.30 バス・トイレ

省エネルギー住宅はここがポイント!

省エネルギー住宅のキーワードは〇〇です!

2017.04.10 バス・トイレ

トイレの省エネ&選び方

常に使われるわけではないトイレだからこそ、省エネを心がけまし……

2017.04.10 バス・トイレ

バスタイムの省エネ

お風呂とシャワー、それぞれの省エネ術!

2017.04.10 バス・トイレ

冬の暖房は室温設定20℃に

暖房の設定温度が20℃と聞くと「寒い」イメージがありますが、……