HOME > TagTagエコライフのすすめ > 省エネの知識 > 暖房の併用であったか省エネ!ベストな組み合わせは?

暖房の併用であったか省エネ!ベストな組み合わせは?

こんにちは!

北国の暮らしをエネルギーでサポートする北ガスのTagTagです!

 

寒い冬は暖房をつけてぬくぬく!…でも光熱費も気になりますよね。

 

複数の暖房器具を使うと余計に光熱費がかかってしまいそうですが、実は違う種類の暖房器具を組み合わせて使うことで、効果的に部屋を暖めて省エネにも取り組めるんです。

節約しながらも、しっかりと暖まる方法をお教えします!

暖房の併用で省エネ!まずは暖房それぞれの特徴を知ろう

暖房器具には色々な種類がありますが、特徴で分類すると【部屋全体を暖める暖房】【部分的に暖める暖房】に分かれます。

それぞれの代表的な暖房器具とその特徴をご紹介します。

 

部屋全体を暖める暖房器具

 

■エアコン

部屋の上部に設置し、温風を吹き出して部屋全体を暖める暖房器具。

暖房効率は良いですが部屋全体を温めるのには時間がかかり、温風により部屋が乾燥したりホコリが舞ったりしやすいです。

 

■ファンヒーター

部屋の下部に設置し、温風を吹き出して部屋全体を暖める暖房器具。

エアコンよりも立ち上がりが早くパワフルですが、消費電力が高めです。

ガスや灯油を燃料とするものもあります。

 

■パネルヒーター

温水や電気の力を使ってヒーターを熱し、その輻射熱を使って部屋を暖めます。

火を使わないため安全で、温風が出ないため空気の乾燥も少ないです。

 

■オイルヒーター

内部にある難燃性のオイルをヒーターで温め、パネル内で循環させて熱を放熱して部屋をじんわりと暖めます。

温めるのに時間はかかりますが、放射熱で部屋をゆっくりと自然に温めてくれます。

 

部分的に温める暖房器具

 

■電気ストーブ

電気の力で部屋を暖めます。

小型のものが多く持ち運びも容易なため、キッチンや勉強部屋、脱衣場など特定の場所を瞬間的に暖めるのに適しています。

部屋全体を暖めるのにはかなりの時間がかかります。

 

■ホットカーペット

カーペットに内蔵された電熱線を電気で温め、足元から暖める暖房器具です。

下に断熱シートを敷くとさらに効果的。

温風やにおいが出ないので空気を汚しません。

 

■こたつ

ヒーター付きのテーブルをこたつ布団で多い、その中に足を入れて温まる暖房器具です。

昔ながらの日本の冬の定番暖房ですね。

どれを合わせると省エネ?暖房の併用はここがポイント

暖房器具にはそれぞれ暖め方に特長があります。そのため、「エアコン+ホットカーペット」「ファンヒーター+こたつ」など、【部屋全体を暖める暖房器具】と【身体を暖める暖房器具】の両方を組み合わせて使うと、快適な暖房が実現できます。

オールアバウト「暖房器具の種類と特徴、電気代の目安を解説」より 

 

異なる特性の暖房器具を組み合わせて使うことで効率良く部屋と体を暖め、省エネにも効果があります。

 

例えばエアコンやファンヒーターは設定温度に対して体感温度は寒く感じることが多いので、温度をついつい上げて光熱費が高くなりがち。

省エネにするためには設定温度を20度にして、部分的に暖める暖房器具やアイテムを使うのが最適です。

 

また、温風を利用して暖める対流式(エアコン・ファンヒーターなど)と、じんわり暖める輻射式(パネルヒーター・オイルヒーター)は相反する暖房器具なので、対流式同士など同じ性能を組み合わせるより、異なる組み合わせの方が効率的に暖まります。

近くにいることで熱が伝わり暖かくなる電動式(電気ストーブ・ホットカーペット・こたつなど)も併用アイテムとしておすすめです!

 

おすすめの組み合わせ

 

■エアコンとホットカーペット&こたつ

エアコンは上部から温風が出るので部屋の下部が暖まりにくい製品もあります。

そこで足元から暖めるホットカーペットを併用。

さらにその上にこたつを置けば、こたつの電源を入れていなくても、こたつ布団がホットカーペットの熱を閉じ込めてくれます。

足元から暖めることで血流が良くなり、エアコンの温度を上げなくても体が暖まりますよ。

ただしホットカーペットは電気代が高くつくこともあるので、設定温度を低めにする、ある程度暖まったらこたつのみにするなど注意しましょう。

 

■オイルヒーターと電気ストーブ

部屋全体を暖められるけれど立ち上がりに時間がかかるオイルヒーターと、瞬時に立ち上がりパワーが強い電気ストーブの組み合わせ。

オイルヒーターの立ち上がり時にパワーのある電気ストーブを併用することで、すぐに体を温められます。

部屋がある程度暖まってからストーブの電源を切ることで、初期暖房に時間がかかるオイルヒーターでも快適に暖まることができます。

 

暖房器具以外との組み合わせ

 

■エアコンとサーキュレーター(扇風機)

暖かい空気は上へいくので、部屋の上部に設置されているエアコンから出る温風も上に溜まりがち。

サーキュレーターや扇風機を天井に向けてエアコンの下に置く、エアコンの送風口に向けて正面に置くようにすると循環しやすいです。

サーキュレーターや扇風機を優しく回してあげることで暖かい空気を循環させ、温度を上げずに部屋全体を効率的に暖かくすることができます。

 

■ファンヒーターと足元を暖めるアイテム
ファンヒーターの設定温度は低めでも、毛布や足温器などのあったかグッズで足元を暖めると体感温度がアップ!

電気毛布や足温器なら時間をかけず、すぐに暖まることができます。

特に足温器は消費電力も低いので、座り仕事や休息時におすすめですね。

体が暖まったら電源はオフにしましょう。

暖房器具の特徴を知って上手に併用しよう!

寒い冬に欠かせない暖房器具ですが、種類によって特徴があり暖まり方にも得意不得意があります。

それぞれの種類の特徴をよく知って上手に併用することで、効率的な暖房と省エネが可能です。

 

・暖房器具にはエアコンやファンヒーター、パネルヒーターなどの部屋全体を暖めるものや、電気ストーブやホットカーペット、こたつのように部分的に暖めるものがあります。

 

・【部屋全体を暖める暖房器具】と【部分的に暖める暖房器具】など、特性が異なる暖房器具を組み合わせることで暖房効率がアップ!そのほかにもサーキュレーターや毛布なども上手に使って省エネしながら快適に過ごしましょう。

関連記事

2019.02.20 バス・トイレ

人感センサーで節電!仕組みやメリットについて

ご自宅にも取り入れてみましょう!

2018.03.21 バス・トイレ

エコとはどんな意味?家庭でできるエコ活動を総まとめ!

復習としてぜひお読みください!

2017.12.28 バス・トイレ

省エネリフォームは窓も対象!補助金対象になる改修とは?

熱が逃げやすい窓のリフォームは省エネ効果大です。

2017.12.22 バス・トイレ

自治体の取組 ~札幌市エネルギービジョン~

自治体の取組にも目を向けてみましょう。

2017.11.30 バス・トイレ

加湿が省エネに? ~省エネになる理由&ついでに加湿編~

冬は加湿で一石二鳥!

2017.10.27 バス・トイレ

番外編:省エネと地球温暖化について知ろう!

エネルギー使用の実態は?

2017.10.05 バス・トイレ

エコ生活のコツを知って省エネ生活を楽しもう!

日本のエネルギー状況とエコ生活のコツをご紹介します。

2017.09.21 バス・トイレ

省エネラベルとは?省エネ商品を買う時に知っておきたいこと

これから家電製品を購入するなら省エネラベルをチェック!

2017.09.13 バス・トイレ

省エネ効果を目で見てチェック!

省エネへの第一歩は、エネルギーの使われ方を把握することです。

2017.08.09 バス・トイレ

待機時消費電力を減らしましょう!

意外と無視できない「待機時消費電力」とは?

2017.05.10 バス・トイレ

消費電力に合ったアンペアで契約していますか?

同時にどれだけの電化製品を使うかが、アンペアを選ぶポイントに……

2017.04.10 バス・トイレ

LED電球の選び方

買い替えの前に、こんなところをチェックしておきましょう!